断酒 ー お酒のない暮らしを満喫しよう ー

20年間飲んでいたお酒をやめる時が来ました。お酒に頼っていた生活から、お酒なしでの新しい生活への変化を書いていきます。

断酒50日目  心の健康

断酒50日目になりました。

ぼちぼち断酒続けています。

 

体のほうは落ち着いて、飲酒欲求というのはほとんどありません。

ただ、生活に活気がない気がして、メリハリがないというか・・・

「よし、今週一週間頑張れば週末飲めるぞ!」というご褒美がないというか・・

最近元気ないね。なんて言われちゃったりしてます。 

 

酒場や、お酒の席には参加していないので、みんなで大笑いしたり、会話で突っ込みあったりすることがないのが寂しいです。

また、あの酒場の雰囲気や焼鳥屋なんかで立って飲むビールやホッピー。

あれは自分の最大の趣味の一つであり、コミュニケーションの場でもあったからです。

 

仕事ではみんな忙しくて、なかなか会話ができないんです。(今まではその会話ができていない部分を同僚と休日前に飲みに行ったりして解消していました。)

 

断酒で一番つらいと思うことは週に1回飲んでいい、月に1回飲んでいいではなくて

一生飲まないというところにあるのではないかと思います。

(ただ、月に1回飲んでいいと決めると、いや、2週間に1回でいいのでは、結局は週に1回、3日に1回とだんだん自分に甘くなっていくのが手に取るようにわかります。)

しかし、断酒していいこともあります。身体が健康になりお金がたまるということ。

ただ、充実しているかと言われれば、「う~ん」といったところです。

これから断酒を続けていくには、お酒に変わる楽しみをいかに見つけるかではないでしょうか。

最近の休日は、ゆっくりコーヒーを飲みながらブログを書いたり、海外ドラマを見たり、時には外に出て目的なしのお出かけをしたり、何か楽しそうなことないかな。。なんて考えながら過ごしています。

生き方を変える時なのかな・・なんて考えながら。

NHK「こころの時代」のテーマソング。なにか懐かしく、生き方を考えてしまいませんか?

www.youtube.com

   

これから、だんだん暑くなってきます。仕事で結構汗をかくので痛風持ちの自分にとっては、夏というのは一番発作が出る時期で怖い時期でもあります。

一度発作が出てしまうと一ヵ月半仕事ができません。

(前回の発作は転職活動中で仕事をしてない時期だったのが幸いしました。)

来週、定期的に行っている病院で血液検査を行いますが、お酒をやめてどのくらい尿酸値が下がったのか、肝臓の数値が下がったのか楽しみです。

 逆に、お酒をやめたことがストレスになり、違う病気を招いては本末転倒です。

 

だから心の中で、「楽しみがなくて、本当につらくなったら飲んでもいいんだよ。」

とつぶやいています。